ゆんころのようなマッチョになりたい!

ゆんころは、筋肉がすごいマッチョで今、若い女性の間で話題になっています。ゆんころのようなマッチョになりたいという女性はたくさんいます。ゆんころのようなマッチョの美ボディは女性の憧れです。ゆんころはどのようにしてこんなにマッチョになったのでしょうか?

 

ゆんころのようなマッチョが人気!

ゆんころは、浜崎あゆみに似たフェイスで、お人形さんみたいにかわいらしい顔をしています。顔と反して、体はとてもマッチョなのが驚きですよね。

 

ゆんころの筋肉がすごすぎて、やりすぎなのではないか?という声も耳にします。ゆんころは、本格的に筋トレをして体を鍛えています。

 

ゆんころは、サマー・スタイル・アワード2016の東京大会を1位で通過しました。サマー・スタイル・アワードというのは、夏が一番似合う男女を決める大会です。世界初で、身長別にスタイルを競い合う大会です。

 

女性部門であるベティー部門での評価は、健康的で全身がしっかりと絞れていることと、腹筋・足・ヒップの筋肉がバランス良い上に、女性らしいラインを残して発達をしていることと、女性らしく美しく自然にできているのかという3点がポイントです。

 

ただムキムキなマッチョになればいいというわけではないのですね。女性らしさも重視されているのが分かります。

 

ゆんころは、国内の筋肉美コンテストで活躍しています。昨年には、WORLD BODY CLASSICで残念ながら準優勝でした。今年はリベンジで再度、参戦するようですね。

 

ゆんころは、食事制限とトレーニングに集中するために、メキシコで10日間の合宿をしました。そのストイックさも見習いたいですよね。

 

大会の19日前に帰国して、空港からそのままジムへ向かい、ヒップアップの筋トレを中心にしました。大会まで残り1週間になったら減量し始めました。ボクササイズでは、筋肉を落とすことなく脂肪だけを落とすことに励みました。ウォーキングでは、筋肉をきれいに見せるレッスンをしました。

 

本番の前日に韓国入りし、ボディビルダーからポージングの秘訣を学びました。ポージングは、大会のポイントになるので、深夜まで学びました。

 

大会の当日には、プロタンという黒く照りがあるように見せる塗料を塗って本番に挑みました。本番では、強いスポットライトを浴びます。ボディに黒い照りがあると、よりマッチョに見えることでしょう。

 

大会では、30秒のアピールタイムがあり、ポージングをして、いかに筋肉が美しく見えるかが審査されます。

 

ゆんころは、見事に優勝し、リベンジを果たしました。女性は112名出場し、MVPに輝いたのです。

 

女性もマッチョがもてる時代になったのでしょうか?女性でも筋トレに励む人が増えています。ツイッターでもゆんころは女性ファンが多く、その美意識の高さが話題です。ただ美しいだけではなく、筋肉美が支持され、マッチョが人気があるようになってきました。

 

そんなゆんころが飲んでいるサプリも注目されています。「クイーンズスリムHMB」というサプリです。